スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/20・21鎌ケ谷市役所との意見交換会のレポートです。(1)除染計画、市民食品測定所 について(2)給食の測定 について

(1)除染計画、市民食品測定所 について
日時:12月21日(水)10時
場所:市役所501会議室
参加部署:環境課、公園課

参加者
市役所から
環境課長(放射能対策室長)
公園緑地課長(担当:市内公園176ケ所)
こども課
こども支援室(担当:市内児童遊園17ケ所、ふれあい広場2ケ所)
計4名
市民 計8名

除染計画について

全公園の測定(各1箇所づつ)が終了しました。
汚染状況重点調査地域に鎌ケ谷市が指定されたのを受け、公園の除染を進める予定だそうです。
芝生がある公園については全部はがして貼りなおすのは養生期間と利用者との兼ね合いが心配されるため、公園の状態をみて深刈りや、剥ぎ取る、など対応を考えているようです。
国は放射線量0.23未満の場所にはいっさいお金を出さないということなので、除染の際には出来るだけ税金を使わない方法を考え実施していきたいとのことでした。
指定範囲外の除染も実施していくそうです。
今後の継続的な測定・除染をお願いしたところ、福島の状況が変わらない限りは変化は無いないだろうが、定期的にモニタリングしていく予定だそうです。
局所的に数値の高い場所(ミニホットスポット)を探し出す測定については、予定していないが、通報があれば対応するということですので、ご存知のかたは市に通報をお願いいたします。

児童遊園、ふれあい広場については、12/19、20に放射線量を測定し、0.23未満だったそうです。0.21が最高の数値。
この測定値を年内に掲示予定です。
会からは、放射線量を全公園に掲示することを要望しました。

市民食品測定所について
市民の会で考えたもの、皆様からいただた要望はだいたい受け入れてもらえそうです。
今後測定器が到着したら、再度意見交換を予定しております。


(2)給食の測定 について
日時:12月22日(木)10時
場所:市役所501会議室
参加部署:学校教育課、こども課

参加者
市役所から
教育委員会
学校教育課保健給食室長
保育支援室長(子供課の下にある部署)
計3名
市民 計11名。

学校の除染について
8月から第2回目の除染作業を行っている、一度やっても数値が上がるので、今後も何度も行う必要があると考えているそうです。
今後測定・除染はやり続ける必要があるとおっしゃっていました。
12月の予備費で、学校によっては重機使いで穴を掘って埋め、他の場所の砂をかぶせる作業が出来ることになります。
今は市内の半分くらいの学校で重機を使っているそうです。
埋めた場所は、立ち入り禁止。
高い放射線量が気になる落ち葉ひろいは、先生が行っていて、子供たちにはさせていないそうで安心しました。
通学路の放射線量の測定は続いており、徐々に線量が下がってきていると感じているようです。
先生がたに積算線量計を9月からつけてもらい、子供たちの被爆量を測定中。
14校すべて順番に行う予定で、中学校では体育・外部活の先生、24時間市内いる先生、音楽の先生(校舎の中用)。
小学校では子供の活動に近い先生、低年齢、中年齢、高年齢、その活動などさまざまな活動に対応したもののデータが出てきているそうです。
今のところ1年で1ミリはいかないか?といった感触のようです。

給食の測定について
小・中学校、市立保育園について
測定は、調理に使う状態で測られており、月10品目のサンプリング検査、1食分のミキシング検査を継続的にやる予定だそうです。
私立幼稚園、私立保育園について
給食測定の発表はそれぞれの園の対応しだい。
幼稚園給食を利用している幼稚園、園内で調理されている幼稚園があるので、それぞれどのように検査がされていくのか、年内から随時話をしにいく予定だそうです。

魚介類を中心に測ってほしいということや、1週間分の給食まとめての精密検査(横須賀市のような)を要望しました。(その場での回答はなし。)

鎌ケ谷市放射能対策 市民の会 http://kamagayashi.web.fc2.com/
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kamagayashi.blog.fc2.com/tb.php/94-e56c6aa6

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。