スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/19に行われた鎌ヶ谷市議会の一般質問の傍聴のご報告。放射能対策対策の現状、ゲルマニウム半導体検出器、WBC、放射線の副読本について

9月19日に行われた鎌ヶ谷市議会の一般質問の傍聴報告です。

-----------------
●放射能対策対策の現状について
(市)
除染について
特措法該当する11施設
第一段階クリア(面的に0.23μSv/h未満)
第二段階実施中(局所的に高い場所対応)

小中学校、幼稚園、保育園
第一段階クリア(面的に0.23μSv/h未満)
第二段階実施済み、再測定中(局所的に高い場所対応)

市のサービスの利用状況(9/11時点)
民有地の測定、除染相談 440件
測定器貸出 194件
食品測定 348件
7~8月の利用件数は、横ばい

給食食材の放射能検査
学校、保育園ともに検出下限値以下のみ

市産の農産物の放射能検査
市の測定器では、すべて検出下限値以下

今後も市民の声を聞いて、総合的継続的に実施する。

●ゲルマニウム半導体検出器による放射能検査
(市)
7月に1週間分の給食食材のミキシング検査(全て混ぜたものを検査)を
学校(7/9~13)保育園(7/23~27)で実施。
いずれも検出下限値以下
市民の声を聞いて、今後も一定期間ごとの検査や選定食材の検査に利用をしたい。

●ホールボディカウンター(内部被曝測定装置)利用は?
(市)
我孫子市の検査結果は、4/1~8/10で
セシウム134は全員検出下限値以下
セシウム137は8名検出
預託実効線量を考えると健康に影響がないレベル。
今後、近隣市の状況やデータを見て考える。
放射能低減の調理法や健康相談などを実施している。

(津久井議員)
ホールボディカウンターは今の時期では有効ではないと思われる。
(初期に大量にあった半減期の短い放射性物質がなくなってしまったため)
福島の甲状腺検査結果や、チェルノブイリのデータを見ると
甲状腺の検査を充実させてほしい。

●放射線の副読本
(津久井議員)
国が学校用に作成した放射線の副読本を公民館で読んだ。
人体への影響について「病気になる証拠はない」という記述などはどうかと思われる。

(市)
被ばく量と癌発症の比例関係については記載されている。
現在の追加被曝線量年1msvの考えがなかった、年20msv許容の時期に
作成されたと思われる。
市では年1msvで補足資料を作っている。
原発事故、汚染、除染目標、市の取組、自己対策を掲載。

(津久井議員)
具体的で良いと思う。活用法は?

(市)
理科の授業を中心に、学級活動でも利用。
夏休み中に理科教員への指導を実施済み。

鎌ケ谷市放射能対策 市民の会 http://kamagayashi.web.fc2.com/
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kamagayashi.blog.fc2.com/tb.php/301-b7475ea5

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。