スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/20給食、学校・園生活の意見交換会のレポート

◆給食、学校・園生活の意見交換会(学校教育課、こども課)
日時:7月20日(金)10時

「給食関係」
5日間分の精密検査を7月下旬に実施予定。
下限値1bq未満の検査(恐らく0.5-6bq/kg程度)
7月9日から13日までの分を検査
今年度はこの1回のみ実施。
食材の検査は、2学期以降も今まで通り実施予定。

「保育園の給食」
保育園の実施は、一月程度遅れで実施。
1園だけでやる。
(調理は各園で行っているが、同じ食材なので代表で行う)
他の部分については、特に変更なし。

「学校生活関係」
・除染
平成27年度まで様子を見ながら測定や除染を実施予定。
今年度中にすべての敷地内で1センチで0.23マイクロシーベルト毎時以下に なるように除染をする。
10mメッシュでサーベイメーターで測定して、線量の高いところを除染。
(4月に一度測定済み)
小学校は、5月までにすべて除染済み。
中学校は、6月までにすべて除染済み。
今年度中にもう一回、詳細測定し、安全確認後、安全宣言を行いたいと考えている。
・放射能教育
子供たちの放射能の教育、日常の注意は必要。
8月に理科の先生を集めて、放射能の指導の仕方をする研修会を指導室で行う。
子供への教育は、文科省の副読本と理科の教科書で行う。
福島第一原発事故の話もする。
中学3年生は線量計で測定実習を実施する。
市としては放射能の影響は、まだよくわかっていないという前提で行う。
・子供の健康診断について
学校での健康診断は、まず問診。
問題あれば、レントゲンや心電図などを実施。甲状腺検査は実施してない。
国で決まれば間違いなくやるが、自治体だけでは難しい。
・遠足など
子供が遠足などで行く場所については、細かく測るように学校に指導はしている。
東葛地域に行く場合は、子供が行く場所、ご飯を食べる場所を細かく測るように
指導。
測定マニュアルも配布済み。
・新たな放射能漏れなどへの対応
新たな放射能汚染については、なんらか異常が出た場合は、緊急避難的措置(閉
じこもる)などの措置は可能。

「幼稚園・保育園」
私立の幼稚園と保育園では、詳細測定し、50センチ高はすべて0.23マイク
ロシーベルト毎時以下になっている。1センチ高で0.23マイクロ シーベル
ト毎時超は、まだ数か所あるが、側溝内等なので、これから除染などを行う。
公立は、今後行う。

鎌ケ谷市放射能対策 市民の会 http://kamagayashi.web.fc2.com/
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kamagayashi.blog.fc2.com/tb.php/261-be943e97

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。