スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鎌ヶ谷市6月議会の一般質問 放射能関連の一般質問の傍聴記録です。

鎌ケ谷市議会平成24年6月定例会の一般質問の傍聴記録

「岩波はつみ議員」
○新給食センターへの切替に合わせ、地場農産物導入を図ることが食教育および農業政策として有効策と考え実行を求む
岩波はつみ議員:給食が地産地消でないのはなぜか?
生涯学習部長:児童生徒に安心安全なものを提供することに努めている。
大量の食材の規格がある程度均一でないと調理することが難しい。
安定した食材の確保をするため産地を限定しての食材の確保は難しい。
必要な量を、間違えいなく納入出来ることが、使用する条件。
地産地消でも条件が整えば導入出来る。
岩波議員:放射能の検査は?
市:給食の食材は測定下限値を超えないものを使用している。今後もそうする。
環境課:農産物の検査は、10~20bqの測定下限値で運用している
岩波議員:市民からは東日本の野菜は心配だという声も出ているが鎌ヶ谷市の野菜は、
検査すれば使えるのではないかと考える。
市:今後、地場野菜を導入した場合でも、不検出の物を使う。

「津久井清氏議員」
○放射能問題の取り組みの現状と今後の展望について
●国指定(汚染状況重点調査地域)に伴う除染活動の現状と課題
津久井議員:市内の除染について
市:指定11施設は、地表1m、50cmで0.23マイクロSv/h未満になっている。
◆公園
4.5月で貝殻山公園以外(西佐津間、くぬぎやま、新鎌ふれあい、市制記念)の 広場を除染実施。
貝殻山10mメッシュで測定、今後ホットスポットを除染予定。
◆スポーツ施設3つ
芝生の除染済み。今後ホットスポットを除染予定。
◆私立幼稚園
各3園で除染終了済み。

●私立幼稚園保育園の除染実態
津久井議員:除染等費用の請求・報告書の提出について
市:園からの請求額などの整合性をチェックしている。
24年度5月までに園内の5点測定を実施した。
今後は詳細な測定を実施し、局所的な高線量の場所(園庭)において地表1cmで0.23マイクロSv/h未満 に低減するよう、 各園に協力を求める
津久井議員:ぜひ市としても指導して欲しい

●学校
市:運動会前に地表1cmを10mメッシュで測定し、0.23マイクロSv/h以上の個所は除染をした。

●公園
津久井議員:除染実施中の場合、もっと市民にわかるように看板等を設置してほしい。
新鎌ふれあい公園の掲示はわかりにくい。
市:今後明確な表示を検討する。

●テニスコート
5月18日に5点測定し、東初富0.16マイクロSv/h、市営0.21マイクロSv/h。
今後ホットスポットを除染する。

○給食、食品の放射能検査の現状と課題は
津久井議員:給食の安全性を確認するため、ゲルマニウム半導体検出器を利用する予定は?
市:市民からの要望があるので、今後必要性を検討する。
市民食品検査は198件。100Bqの1/2以下というスクリーニング検査を実施中。
50Bq以上は自家消費のものだけ。

○今後の方向性
●事故の責任の所在
津久井議員:各市で東電に請求しているが?
市:24.23年度分の1,795,486円を東電に請求。今後も請求をしていく。

●除染
市:(計画通り)4段階にわけて実施していく。
津久井議員:念を入れて、過敏になるくらいでお願いしたい

鎌ケ谷市放射能対策 市民の会 http://kamagayashi.web.fc2.com/
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kamagayashi.blog.fc2.com/tb.php/240-bafb9961

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。