スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/16給食についての鎌ケ谷市との意見交換会のレポート

給食についての市との意見交換会のレポート
日時:2月16日(水)10時
場所:市役所
教育委員会、保健給食課、こども課、各1名
市民の会 2名


すべて下限値を20Bqに下げ、量と密度によってはもう少し低い値になる。
月2回、5品目ずつ、品目を変えながら、という方針は変わらず。
干しシイタケは、2度目の検査をした。
海産物は、時期がわかりにくいが、産地公表を強化したい。

保育園については1月から測定を開始。実施したところは、HPにも掲載する。
全園実施、公表の予定。

幼稚園については幼稚園協議会で協議中。

●来年度
現在と同じ予算を確保する予定。

市民測定所の併用は、検討はするが、精度に注意が必要。
現在の測定は、専門業者が実施しており、信頼できる。
信頼性の低いもので、検出されても扱いに困るため。

●学校除染
側溝など、高圧洗浄機で除染中。
側溝の蓋は、もうすぐできる。
積算被曝量を、生活パターン別に測定。
通学路は、しゅうすいマスの除染もする。
屋上は、測定したが高くない。

●市民の会より
屋内(昇降口など)の清掃を徹底してほしい。
環境課と相談し、土壌分析をお願いしたい。

他自治体の例として、国立市、牛久市、東松山市、神戸市の例を伝えました。
国立市 http://www.city.kunitachi.tokyo.jp/kyoiku/kyushoku/004827.html
牛久市学 http://f.hatena.ne.jp/hyakubann/20120205115715
東松山市 http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20120121/CK2012012102000051.html
神戸市 http://blog.livedoor.jp/gere_mob/archives/3757375.html

牛乳も米も検出されているから、20bqで出ないといって、安心できるわけではないので。

一応、国の基準以上の検査をしています。
これまでは、市民の会だけの要望だけで動いてくれていましたが、さらなる検査を要求するには、より多くの声を市、学校、保育園、幼稚園へ届けないといけないでしょう。


鎌ケ谷市放射能対策 市民の会 http://kamagayashi.web.fc2.com/
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kamagayashi.blog.fc2.com/tb.php/133-9768fe32

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。