スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/10(10:00~)鎌ケ谷市放射線対策室との意見交換会を行います。子連れ可!ぜひ、ご参加ください。

鎌ケ谷市放射線対策室との意見交換会を行います。
昨年度の実績や、今年度の方針を市から説明を受け、市民の会からの要望を伝える予定です。
ぜひ、ご参加ください。

参加されたいかたは問い合わせページ、もしくは kamagayashi_h☆yahoo.co.jp (☆を@に変えてください)までご連絡ください。資料を用意しますので、参加人数が把握できると助かります。

日時:6月10日(水) 10:00~12:00(予定)
場所:鎌ケ谷市役所 市役所5階 研修室(和室)
*子連れ可(おもちゃ、おやつ、飲み物などを持参してください)
*途中入退室可
*当日参加もOKです。


鎌ケ谷市放射能対策 市民の会 http://kamagayashi.web.fc2.com/

スポンサーサイト

7/16(水)9:30-11:30鎌ケ谷市中央公民館学習室6で「放射能問題の今!」座談会やります。入退室自由、子連れ可!ぜひご参加ください。

放射能問題の今! 座談会やります。

放射能問題について、気軽に話し合える場を設けます。
ぜひ、ご参加ください!
「鎌ヶ谷市放射能対策 市民の会」のメンバーがお待ちしております。

【日時】7月16日(水)9:30~11:30(入退室自由、子連れ可)
【場所】中央公民館 学習室6
https://www.kirari-kamagaya.jp/facilities/shiminkaikan/access/
【会費】無料(飲み物付)

★「放射能から子どもを守ろう関東ネット」
http://kodomokanto.net/
が作成した「保養」についてのリーフレットを無料で差し上げます!
ぜひ、夏休みの過ごし方について参考にしてください。

市民の会からは、下記についてお話します。
・市の放射能汚染の現状
・市の対策(放射線対策室との意見交換会報告)
・国の対策
・市民の手による健康調査
・自分たちでできること
--------------------------

◎保養に関するリーフレット配布◎
座談会で配りますが、関東ネットで保養に関するリーフレットを作成しました。
無料です。欲しい方、連絡ください。
配布してくださる方、設置してくれる場所などあれば、紹介してくださいね。

鎌ケ谷市放射能対策 市民の会 http://kamagayashi.web.fc2.com/

7/1(10:00~)鎌ケ谷市放射線対策室との意見交換会を行います。子連れ可!ぜひ、ご参加ください。

鎌ケ谷市放射線対策室との意見交換会を行います。
昨年度の実績や、今年度の方針を市から説明を受け、市民の会からの要望を伝える予定です。
ぜひ、ご参加ください。

参加されたいかたは問い合わせページからご連絡ください。

日時:7月1日(火) 10:00~12:00(予定)
場所:鎌ケ谷市役所 市役所5階 研修室(和室)
*子連れ可(おもちゃ、おやつ、飲み物などを持参してください)。
*当日参加もOKです。


鎌ケ谷市放射能対策 市民の会 http://kamagayashi.web.fc2.com/

5/23鎌ケ谷市との意見交換会の報告 放射線対策今年度の体制、昨年度の成果と今年度の方針 測定・除染状況など

意見交換会のご報告をいたします。

●5/23 鎌ケ谷市の放射線対策室との意見交換会 10:00~
参加者
市側19名
市民11名
20130523鎌ケ谷市放射線対策室との意見交換会

放射線対策今年度の体制、昨年度の成果と今年度の方針をそれぞれの所属課から報告を受ける。
・放射線対策室
  新しいメンバーが3名加入。
・公園課
  西佐津間3月に残りの除染を実施した。
   配布資料にあるような測定をした。
  市制記念公園は工事中だった箇所があったため、その部分はこれから測定予定。
・道路河川管理課
  市内の汚泥の処理が現在も難航中。
  8000bq以下でも受け入れてくれる業者は出てきていない。
中には100bqなら受け入れると言っている業者も出てきた。
・農業振興課
  23年度から独自に測定器を購入し、昨年度120検体検査測定した。
  今年度は216検体を検査予定。
・クリーン推進課
23年7月の検査結果と比較して
  4/26しらさぎの焼却炉から排出される灰1724bqから約8%に減少
  集塵機につく塵5710bqから約25%に減少 
・保育支援室
  保育園、幼稚園ともに0.23μsv/h未満/1cm(きめ細かに測定している)
  ゲルマニウム半導体検出器による給食測定も増やしてきたい。
・子供支援室
  児童遊園、児童センター担当。
  各施設0.23μsv/h未満(→1cm測定はしないのか?)
  今後定点測定を実施し、マイクロスポットを確認したら除染していく。
・健康増進課
  乳幼児健診時に相談などを引き続き行っていく。
  妊婦さんの食事についてのアドバイスを行っていく。
・学校教育課保健給食室
  給食食材の測定を毎月10品目内ミキシングを2回を行ってきた。
  ゲルマニウム検査学期に一度から二度に増やしていく。
・教育委員会 生涯学習部
  23年7月から除染、測定をしてきた。
  現在各学校、0.23μsv/h未満/1cmとなっている。
  放射性物質が集まり測定数値が高くなる場所がわかってきているので、
そこを引き続き測定していく。
  今年度もプール清掃は大人(教員、保護者)が行い、プール開きのまえに一度水質等の検査をする。
  学級活動等で鎌ケ谷市独自の副読本を使用している。
・文化・スポーツ課
  スポーツ施設を担当。
  それぞれの施設の、測定を引き続きを続ける。

私立幼稚園、私立保育園の除染状況
  通学路を含めて、ホットスポット探しをしている

除染実施済み公園
市内242施設中170くらいは除染済みだが、ホットスポット探しができていない箇所がまだある。
7月頃公表予定。

道路の測定や除染は?
通学路や学校、園の敷地境界などを測定し子どもが近づく可能性があるホットスポットは除染をしてほしい。
 現在の民家の測定依頼の際に道路の依頼もあれば行っている。
 他、KURAMA(自動車などに搭載され移動しながら空間線量率を測定する車載機)で
2年連続測定  しており、今年もやる予定。文科省のGoogleアースにて公表。
道路上の細かなホットスポットの把握はできていない。
もし除染した場合でもその後汚染土等を処理することができない。

除染計画について
 予定通り推進中。
 幼稚園保育園全施設内は気がついたところを隅々測っている。
 24年度時点で1cmで0.23μsv/h以下をクリアしている

市立保育園除染で除去した汚染土は、どこに移動されたのか?
 3月に園庭内に埋めた。

市民食品測定所の利用状況は?
→ミキシングのサービスがあると利用しやすい
 25年度の利用状況 4月22件5月1件 計23件。
 ミキシングのサービスのは予定なし。(別の部屋が必要)

原発事故子ども・被災者支援法について
復興庁からの回答はあったか?
 なし。
→再度、プッシュしてほしい
→県にも、働きかけてほしい

子どもの健康調査について、市でできることはあるか
 現実的には難しい。
→支援法の適用をあきらめないでほしい

講演会や勉強会の予定はあるか?
→3月の放医研の講演会の参加状況は?
 放射線に関してと、農作物への移行に関してと2回行った。
 孫を心配していたり、家庭菜園をしている人が30名くらい参加。
→放医研以外でお願いしたい
 無回答。

給食の検査状況
→ゲルマの検査を増やしてほしい
 ミキシングに加えて、牛乳、米、パン(千葉産小麦?)など主要食材の検査も実施してほしい。(特に牛乳を心配している家庭が多い)
 今のところ考えていない。(費用が倍くらいなので)
 昨年まで学期末に給食5日間分のミキシング検査を下限値1bq未満の
 ゲルマニウム半導体検出器で行ってきた。
 今年度からは学期に2回実施していく。
農産物の検査状況
→20Bqの検査だけでなく、もう少し強化できないか
例)船橋市では、土壌と作物をゲルマで検査しており土壌の汚染と農産物への移行状況などがわかりやすい。
http://www.city.funabashi.chiba.jp/shinsai/radi-result/0011/p013673_d/fil/nousanbutukennsakekka_h25.pdf
 機械の性能としては1桁台まで図れるが、流通できるかが検査基準としている。
 国が定めている数値以下なのでこのまま続けていく予定。

梨の選定枝、野焼きの状況
→作業者の健康への影響が心配。焼却灰を土に戻すと、除染にならない。
 農家へは野焼きはしないでください、そのほかの市民へは農家の作業でこのような
(野焼きや選定作業など)ことをすることもありますと両方への配慮をしている。
 23年から梨畑の中から持ち出さないように広報などで伝えている。
 ほとんどの農家で、燃やした穴の中でそのまま残っているのではないか。
 今後もそのように農家へPRしていく。
千葉県の最終処分場
→千葉県で受け入れる責任はない、と意思表示できないか?茨城の市町村では、意思表示しているが鎌ケ谷市ではどうか?
 環境省有識者会議や市町村会議とキャッチボールして決めている。
 千葉県では廃棄物に関して自区内処理が決まっているので他に持っていくことは考えていない。
 国(環境省)は27年の4月までに決めたいと言っている。
 鎌ケ谷市独自に反対の声をあげることは難しい。
鎌ケ谷市放射能対策HPのリニューアルについて
 大量の古いデータの整理が出来ていない。
 もう少し時間がかかる。

文科省が作った副読本の今年度の利用方針は?
 調査して返答する。

その他質問など
環境省関連は市のどの部署の管轄なのか?
 環境課 クリーン推進課

市内の公園、児童センターを新しく作る予定はないか
 児童センターは予定なし。
 あわのの森公園→年度末に完成。
→新しい施設は線量が低いので鎌ケ谷市で新設されると気にしている親には利用しやすい。
東中沢ふれあい公園について
 自治会と測定をし、高くなる場所などポイントはつかんだ。
 土を盛るなど対応検討中。地主に了解を得て作業中

北部公民館側大津川緑道について
 公園課が管理している木道は未測定。

ふれあい公園の深刈り除染について
線量は低下したが、芝生は回復するのか?
 深刈り後の養生期間によって回復のスピードが変わるのかもしれない。
 くぬぎ山公園のほうが少し回復している。
 他の深刈りした他市の公園なども残念ながらその後の回復などはうまくいっていないようす。

子どもたちの通学路になっている川沿いの測定を考えて欲しい
 当初よりも分布が変わってきているので、把握していきたい。
鎌ケ谷市放射能対策 市民の会 http://kamagayashi.web.fc2.com/

本日鎌ケ谷市の放射線対策室との意見交換会を行いました。参加者の方々、ご協力ありがとうございました。

本日鎌ケ谷市の放射線対策室との意見交換会を行いました。

20130523鎌ケ谷市放射線対策室との意見交換会


参加者の方々、ありがとうございました!

鎌ケ谷市から 16名
鎌ケ谷市民 11名
での意見交換でした。

放射線対策室に所属している部署ごとに報告が行われ、質問、提案、お知らせなどの意見交換が出来ました。

詳しい議事録は後ほど。

ご協力ありがとうございました。

鎌ケ谷市放射能対策 市民の会 http://kamagayashi.web.fc2.com/



Pagination

Utility

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。